スクラム釜石オフィシャルサイト SCRUM KAMAISHI Official Site

活動報告

2012.09.06

【プレスリリース】V7マッチ予告プレスリリース

  2012年9月6日

■プレスリリース■

 

新日鐵釜石OB vs 神戸製鋼OB「V7戦士チャリティマッチ」開催のお知らせ

このたび、新日鐵釜石ラグビー部OBチームと、神戸製鋼ラグビー部OBチームが、東日本大震災の被災地復興支援の継続を呼びかけるために企画した「V7戦士チャリティマッチ」(略称「V7マッチ」)が近づいて参りました。先般のお知らせと重複する部分がありますが、改めてお知らせ致します。

                                            NPO法人スクラム釜石代表 石山次郎

 

■主旨■(再掲)

第3回ワールドカップが行われた1995年1月17日午前5時47分に阪神・淡路大震災に見舞われた兵庫県神戸市を本拠地とする神戸製鋼ラグビー部OB、

第7回ワールドカップが行われた2011年3月11日午後2時46分に東日本大震災に見舞われた岩手県釜石市が拠点だった新日鐵釜石ラグビー部OB有志、

ならびに同部OBを含むNPO法人スクラム釜石は、

ともに手を携えて、改めて被災地の復興へ広くご支援を募るべく、本年9月23日(日)、両チームの「V7戦士」を中心とした「V7マッチ」を行うことを決定しました。

 

東日本大震災は、発生から1年6ヶ月が経つ今も、被災地に大きな爪痕を残しています。

一朝一夕には終わらない復興を支援し、特に現地で運動もままならないまま辛い日々を送っている子どもたちに援助の手を差し伸べることは、私たちの願いであり、早急に取り組まなければならない問題です。

しかし、残念ながら、巷間の関心は日に日に薄れつつあるのが現状です。

 

そこで、「被災地」「日本選手権7連覇」という共通のキーワードを持つ両チームのOBが、聖地・秩父宮ラグビー場でチャリティを目的とした試合を行い、世間の関心を呼び起こし、もう一度被災地への支援を広く訴えようと、今回の「V7マッチ」開催を決定致しました。

 

同時に、これはまた、ラグビーという競技が持つ「ノーサイドの精神」「ワン・フォア・オール、オール・フォア・ワン (一人は皆のために、皆は一人のために)の精神」を広く世間にアピールし、2019年に日本で開催される第9回ワールドカップを成功させるために、改めてこの競技の魅力を発信する契機となり得るのでは、とも考えております。

 

私たちは、お互いに手を取り合って、2019年の第9回ワールドカップ日本大会の成功に向けて、今後とも力を結集していきます。

このワールドカップ開催を通じて私たちの歩みを世界に発信することが、二つの大震災に際して、日本国内をはじめ、世界各国から寄せられた多大なご支援に感謝の気持ちを伝える、格好のメッセージになると信じるからです。

 

■開催日時・場所■

2012年9月23日(日)13時30分キックオフ(20分ハーフ) 東京・秩父宮ラグビー場

※     V7マッチは、同日15時キックオフのトップイースト公式戦・釜石シーウェイブス対横河武蔵野アトラスターズ戦の前座試合として行われます。観戦するには釜石シーウェイブス対横河武蔵野アトラスターズ戦の入場券が必要です

※     (雨天の場合は、釜石シーウェイブス対横河武蔵野アトラスターズ戦のグラウンドコンディションを優先して、V7マッチは中止の可能性があります)

※     当日は、被災地支援の募金活動、メインゲーム終了後に、秩父宮ラグビー場敷地内でV7戦士サイン会などを予定しています。

 

以下、9月6日現在の最新情報です。

松尾雄治vs平尾誠二の対決が実現!

出場がすでに確定している主要メンバーをお知らせします。

新日鐵釜石=松尾雄治、森重隆、谷藤尚之、石山次郎、千田美智仁、

神戸製鋼=平尾誠二、林敏之、大八木淳史、萩本光威、元木由記雄、

※リザーブを含む出場メンバーは9月10日(月)にリリースさせていただく予定です。

(高齢の選手が多いため、後半は、V7期間に関わっていない選手も助っ人として一部含む編成で調整中です)

 

レフリーは真下・八木の両氏!

今回のV7マッチのレフリーは、釜石と神戸、それぞれのV7時代の社会人大会、日本選手権の決勝など、多くの試合でレフリーを担当していただいた、現・日本ラグビー協会副会長の真下昇さん、八木宏器さんという、1980~1990年代を代表するトップレフリーお2人に吹いていただくことになりました。こちらもお楽しみに!

 

記念プログラムと記念Tシャツ、記念ジャージーを販売!

当日、会場では両チームのV7時代の写真、当日のメンバー表、主催者からのメッセージ、コラムなどをふんだんに盛り込んだ記念プログラムを1部500円で販売します。また、このプログラムには「釜石vs神戸 V7マッチを応援します!」というページを用意。事前にスクラム釜石のfacebookページhttp://www.facebook.com/scrumkamaishi2011

などで、賛同者としてお申し込みいただいた方々の氏名を無料で掲載いたします。こちらの締切は9月13日(木)。

なお、記念プログラムは当日会場で販売される他、スクラム釜石公式webサイト(http://scrumkamaishi.jp/goods)でも通信販売のご案内を行う予定です。

また、この試合に合わせて作成した記念Tシャツを2500円、両チームのジャージーを合体させた特別記念ジャージーを10000円で、それぞれ販売いたします。これらの収益は、スクラム釜石が東北6県の少年ラグビーチームを集めて8月25-26日に開催した「東北小学生ラグビー交流大会 ともだちカップ」などの活動を通じて、ラグビーを通した東北地方のスポーツ支援に役立てられます。

 

報道関係各位におかれましては、「V7マッチ」の趣旨をご理解いただいた上、なにとぞ告知と報道にご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

(追記)あす9月7日(金)、スクラム釜石代表の石山次郎がラジオ出演!
あす9月7日(金)NHKラジオ第1放送、午前中の帯番組『すっぴん!』の中、
朝8時半すぎ、ニュースのあとの「アフター3・11」コーナーに、NPO法人スクラム釜石代表・石山次郎が、富山から電話出演。V7マッチの開催も含めた「スクラム釜石」の活動について、約13分程度、お話しさせていただきます。

 

 

■お問い合わせ先

スクラム釜石広報担当まで、メールでお問い合わせください。

アドレス:info@scrumkamaishi.jp