スクラム釜石オフィシャルサイト SCRUM KAMAISHI Official Site

活動報告

2014.08.02

NPO法人スクラム釜石 2013年度活動計算書のご報告

NPOスクラム賛助会員のみなさま

Activity Report(活動報告書)とともに、「活動計算書」(企業における「損益計算書」にあたる書類)を送付させていただきました。

活動計算書につきましては、本ページにても公開させていただきます。

————————-
特定非営利活動法人として、所轄官庁に活動計算書を提出いたしましたので賛助会員の皆様にご報告します。

【活動計算書の概要】

●経常収入3.9百万円
上記経常収入の内、その大半はともだちカップ開催にあたっての各法人からの寄付金が約2.0百万円(全体の51%)となっております。
また復興支援グッズ等の事業収益が1.0百万円(全体の26%)となります。そして会費は0.8百万円(19%)で、うち代表・理事をはじめとする正会員会費が0.3百万円、2013年度から受付を開始しました賛助会員会費にて約0.5百万円のご支援をいただいております。


●経常費用3.4百万円
上記経常費用のうち、ともだちカップ運営費用に約1.2百万円を計上しております。引き続き運営を見直しながら無駄を省き、効果的に参加者のみなさんにフィードバックできる体制を2014年度も検討していきたいと思います。
また、管理費内では、公式ホームページ立上、更新、機能追加の費用として宣伝広告費を1.7百万円程度計上しております。また復興支援グッズの原価(0.2百万円)、代表石山をはじめとした理事メンバーの釜石など遠方のイベント時の交通費等(0.3百万円)を計上している状況です。

結果、昨年度からの繰り越し1.2百万円に対して、当期増減は税引き後+0.5百万円、次年度の繰り越しは.1.6百万円となりました。
2013年度の財務目標は、寄付・助成金が万が一ない状況でも翌年のともだちカップが開催できる最低限の繰越を持つこと、を最低目標とし、その目標は概ね達成できたものと考えています。
今後は、さらに活動の拡大、東北・釜石との交流促進、ラグビーを通じた交流の深化をすすめるべく①賛助会員の拡大、②法人寄付拡大を軸に、補助金活用、最大限の費用の削減等を進めることで健全な財務体制構築を目指して行きたいと思います。引き続きご支援をよろしくお願いします。

【活動計算書のPDFは以下のリンクからご覧ください】
スクラム釜石_2013年度(平成25年度) 活動計算書