スクラム釜石オフィシャルサイト SCRUM KAMAISHI Official Site

活動報告

2016.03.11

震災や津波で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、かけがえのないご家族やご親族、ご友人を亡くされた方々にお悔やみ申し上げます。

今年もまた、3月11日がやってきました。

改めて、震災や津波で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、かけがえのないご家族やご親族、ご友人を亡くされた方々にお悔やみ申し上げます。

”あの日から4年が経過しました。釜石をはじめ被災地では、今も厳しい現実が横たわっています。”

これは1年前、私たちスクラム釜石がウェブサイトに掲載した文章です。
それから1年が過ぎても、現実はほとんど変わっていません。

インフラの再建など、復興が徐々に進んでいる部分もありますが、いまも仮設住宅で不自由な暮らしを強いられている方がたくさんいらっしゃいます。
失われたまま、再建の見通しのたたない町もあります。
地域の声が二分したまま、なかなか進まない案件もたくさんあります。
にもかかわらず、5年をひと区切りとして終わってしまう事業もあります。
しかし、5年が過ぎても、時間が解決してくれるものごとはありません。
復興への歩みを止めることはできません。

私たちにできることは、決して多くありません。
それでも、東北を愛するみなさんとともに、東北に明るい毎日がよみがえり、より豊かな未来が訪れることを信じて、1歩ずつ前へ進んでいきたいと思っています。


NPOスクラム釜石 一同