スクラム釜石オフィシャルサイト SCRUM KAMAISHI Official Site

活動報告

2019.07.17

「スクラム東北ライド GO釜石!2019」実施のお知らせ

私ども、ラグビーを通じて東日本大震災被災地の復興を応援するべく活動してきたNPO法人スクラム釜石は、いよいよラグビーワールドカップイヤーとなった2019年、5回目となる自転車イベント「スクラム東北ライド」を7月24日から27日の4日間行います。

39404692_1854160221338837_7880260807626326016_n

この企画は、東北で唯一のホストシティとなった岩手県釜石市でのラグビーワールドカップ開催を、東北全体で盛り上げて行こうと、釜石開催の決まった2015年から毎年開催。東日本大震災で津波に襲われた福島県、宮城県、岩手県の沿岸地域を自転車で走りながら、各地のラグビー仲間や、これまでラグビーとはあまり縁のなかった方々とも交流し、ラグビーワールドカップを一緒に盛りあげましょうとメッセージを交換し、また復興を続ける被災地の様子を目にして参りました。復興しつつある被災地を目にし、現地の皆様と交流し、ワールドカップ開催とその先の東北復興を語り合う機会はとても楽しく、有意義なものだったと確信しております。


7月24日から26日まで、震災で大きな被害を受けた福島、宮城、岩手の3県を自転車で走り、ワールドカップのプレイベントとして7月27日に釜石市で行われる日本対フィジーのテストマッチにあわせて釜石市到着を目指します。

40070510_1866698393418353_3958456071487488000_n

【本活動は下記の皆様にご協力をいただいております】
Y’s Road様、三菱自動車工業株式会社様、フォンテラジャパン株式会社様、ラグビー専門WEBマガジン RUGBY JAPAN 365様

 

【日程・コース】
<第1日/7月24日(水)>
12:30 東北ライド参加メンバーのひとり、日本ラグビー応援ソング「楕円桜」のシンガーソングライターである渡瀬あつ子の故郷、福島県南相馬市の道の駅南相馬から出発。国道6号線を北上。
途中、宮城県名取市閖上などを経由し、宮城県仙台市まで約80kmを走行
仙台市のラグビー関係者と交流会を実施

<第2日/7月25日(木)>
~宮城県仙台市から気仙沼市まで約130kmを走行~
7:00 宮城県仙台市を出発。国道45号線を北上し、石巻市大川小学校跡、南三陸町防災庁舎跡で黙祷。夜はスクラム釜石理事・大友信彦のふるさとである気仙沼のみなさんと交流会を実施

<第3日/7月26日(金)>
~宮城県気仙沼市から岩手県釜石市まで約100kmを走行~
7:00 宮城県気仙沼市を出発。岩手県釜石市のワールドカップ開催会場・釜石鵜住居復興スタジアムまで走行し、宝来館でゴール。17:30より釜石市のイオンタウン釜石で行われる、元日本代表主将・廣瀬俊朗さんの主宰するラグビーW杯国際交流プロジェクト「スクラムユニゾン」のイベントに参加

<第4日/7月27日(土)>
釜石鵜住居復興スタジアムにてラグビー日本代表vフィジー代表を観戦、応援。釜石市のみなさんとの交流会を実施

【出走予定ライダー】
高橋 博行(スクラム釜石事務局長、元新日鉄釜石ラグビー部)
大友 信彦(スクラム釜石理事、スポーツライター、講談社文庫「釜石の夢」著者、気仙沼市出身)
渡瀬あつ子(日本ラグビー応援ソング「楕円桜」歌手、南相馬市出身)※一部走行、 他数名。