スクラム釜石オフィシャルサイト SCRUM KAMAISHI Official Site

活動報告

これまでのスクラム釜石の活動と関係するできごと

スクラム釜石の活動 関係するできごと

第1回ミーティング

2011年4月17日

第1回ミーティング

新日鉄釜石ラグビー部OBを中心としたメンバーが集まり、活動の方向性について話し合いました。この日がスクラム釜石の第1回ミーティングでした。

名称を「スクラム釜石」とする

2011年4月24日

名称を「スクラム釜石」とする

シーウェイブスを支援しよう、シーウェイブスだけでなく、ラグビーだけでなく釜石を支援しよう、東北全体を支援しよう……いろいろな思いを集約し、チームの名称を「スクラム釜石」と決定。

スクラム釜石結成記者会見

2011年5月4日

スクラム釜石結成記者会見

松尾雄治「完全復興するまで支援を続ける」

がんばろう東北ラグビー!復興支援の夕べ

2011年5月4日

がんばろう東北ラグビー!復興支援の夕べ

スクラム釜石結成記者会見と同日に「がんばろう東北ラグビー・復興支援の夕べ」を三菱地所ビルマネジメント株式会社様のご協力により、丸ビルホール&コンファレンススクエアにて開催。 参加者の皆様からのご寄付とチャリティーオークション等で801,220円が集まり、全額を釜石シーウェイブスRFCに寄付。

第46回IBC杯にて募金活動

2011年5月15日

第46回IBC杯にて募金活動

震災後、釜石シーウェイブスの初試合となった関東学院大学戦にて募金活動を実施。

国立八大学ラグビー部OB会にて支援の呼びかけ

2011年5月21日

国立八大学ラグビー部OB会にて支援の呼びかけ

以降、大学ラグビー部OB会、ラグビークラブチーム、釜石関連の同窓会、東京の東北支援イベントなどでの物販、募金活動を実施。

RWC2019 第1回自治体連絡会議

2011年7月2日

RWC2019 第1回自治体連絡会議

RWCの主催団体から 「スタジアム、交通アクセスなどのインフラだけではなく『社会的意義』も考慮し、開催都市を決定する。社会的意義とは、例えば震災の被災地などだ」 との発言。

パナソニックラグビー祭にて「東日本大震災復興祈念試合 三洋電機OB対新日鐵釜石OB」開催

2011年7月10日

パナソニックラグビー祭にて「東日本大震災復興祈念試合  三洋電機OB対新日鐵釜石OB」開催

太田市陸上競技場で行われたパナソニックラグビー祭にて、前座試合として「東日本大震災復興祈念試合 三洋電機OB対新日鐵釜石OB」が開催され、松尾雄治が「はまゆりジャージ」を着て27年ぶりに試合に出場しました。

釜石市長と面会

2011年7月13日

スクラム釜石から開催要望書を釜石市長へ提出。

コベルコラグビーフェスティバル2011

2011年7月18日

コベルコラグビーフェスティバル2011

松尾雄治が平尾誠二さんとのトークショーで「釜石でラグビーワールドカップを!」と発言。 平尾氏もそれに応えて「釜石でワールドカップの試合があったら、僕も絶対見に行きたいですよ!」

釜石市から復興まちづくり基本計画案『スクラムかまいし復興プラン(中間案)』が発表される。

2011年10月26日

「ラグビーワールドカップ」や「スタジアム」という言葉は明記していないが、”国際的スポーツ大会の開催”、”スポーツ活動も行える複合的な施設の整備”が記された。

RWC2011ニュージーランド大会にフライキを

2011年11月1日

RWC2011ニュージーランド大会にフライキを

RWC2011の会場でフライキを掲げ、釜石開催への支援を呼びかけ

スポーツニッポンフォーラム制定「FOR ALL 2011」から”ハートフル賞”受賞

2011年12月2日

スポーツニッポンフォーラム制定「FOR ALL 2011」から”ハートフル賞”受賞

スポーツを通じて社会貢献や地域振興に寄与した個人・団体に贈られるスポーツニッポンフォーラム制定「FOR ALL 2011」からスクラム釜石が”ハートフル賞”を受賞しました。

特定非営利活動法人(NPO)スクラム釜石として設立登記

2012年2月13日

特定非営利活動法人(NPO)として設立登記をいたしました。

第1回クライストチャーチ&東北復興支援チャリティイベント

2012年2月22日

第1回クライストチャーチ&東北復興支援チャリティイベント

2011年2月に震災が発生したニュージーランド・クライストチャーチと東北への支援を呼びかけるイベントとして、この年以降毎年開催を継続している。 第1回のゲストはアンドリュー・マコーミック氏と村田亙氏。

東日本大震災から1年

2012年3月11日

東日本大震災から1年。

セブンズフェスティバル2012

2012年5月27日

セブンズフェスティバル2012

「なかぴー」とともに釜石シーウェイブスとRWC釜石開催を応援する写真メッセージを撮影。以降、1500人を越える方々からのメッセージを頂く。

神戸製鋼コベルコスティーラーズ釜石訪問

2012年6月2日

神戸製鋼コベルコスティーラーズ釜石訪問

神戸製鋼GMの平尾誠二氏は釜石市内で開催されたタウンミーティング「 RWC 2019 釜石誘致応援フォーラム」に参加。 「ワールドカップには経済効果よりもずっと大きな価値がある。これからの7年間夢を持っていられる」と発言。釜石市民にワールドカップ開催への機運が高まるきっかけが生まれる。

第1回釜石ナイト開催

2012年6月27日

第1回釜石ナイト開催

高田馬場ノーサイドクラブさんとの共同企画「釜石ナイト」を初開催。以降、毎月開催し、2020年11月には第100回の開催を迎えた。

第1回ともだちカップ開催

2012年8月25日

第1回ともだちカップ開催

陸上自衛隊船岡駐屯地様のご協力により、東北6県のラグビースクールを招待して交流を図る「ともだちカップ」を初開催。2019年以降は釜石鵜住居復興スタジアムに開催地を移し、継続開催している。(2020年度は開催中止)

東日本大震災復興支援「V7戦士チャリティマッチ」新日鐵釜石OB vs 神戸製鋼OB

2012年9月23日

東日本大震災復興支援「V7戦士チャリティマッチ」新日鐵釜石OB vs 神戸製鋼OB

神戸製鋼ラグビー部OBと、新日鐵釜石ラグビー部OB有志、ならびに同部OBを含むNPO法人スクラム釜石にて、改めて被災地の復興へ広くご支援を募るべく、東京・秩父宮ラグビー場にて「V7戦士チャリティマッチ」を行いました。

エディー・ジョーンズさんのチャリティトークショー

2012年12月11日

エディー・ジョーンズさんのチャリティトークショー

ラグビー日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズさんのチャリティートークショーを東京・丸の内で開催。

【PUSH東北!】エディ・ジョーンズ氏の気仙沼でのラグビークリニック

2012年12月14日

【PUSH東北!】エディ・ジョーンズ氏の気仙沼でのラグビークリニック

ラグビー日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズさんに宮城県気仙沼市にて復興支援ラグビークリニックを開催していただきました。

RWC2019 釜石誘致タウンミーティング~RWCを語る会~

2013年1月11日

RWC2019 釜石誘致タウンミーティング~RWCを語る会~

RWC2019釜石招致タウンミーティング~ラグビーワールドカップを語る会~が、釜石市鵜住居(UR都市機構釜石支援事務所)で行われ、ラグビーワールドカップに向けたスタジアムの建設が予定されている鵜住居地区の皆様を中心に、約100人の方々にお集まりいただきました。 【パネリスト】小笠原満男氏(鹿島アントラーズ) 浦山文男氏(鵜住居地域会議議長) 桜庭吉彦氏(釜石SW) 嶋田賢和氏(釜石市副市長) 石山

スクラム釜石webサイトでの「応援メッセージ」受付開始

2013年1月24日

スクラム釜石webサイトでの「応援メッセージ」受付開始

試合会場やイベント会場でなかぴーと撮影した「応援メッセージ」をスクラム釜石webサイトでも受付開始。現在まで約1,500のメッセージをスクラム釜石webサイトに掲載させていただいています。

博多阪急様にて『北の鉄人 新日鐵釜石V7の歩み』展実施

2013年1月27日

博多阪急様にて『北の鉄人 新日鐵釜石V7の歩み』展実施

1月23日(水)から27日(日)まで、福岡の博多阪急さん7階イベントホール「ミューズ」にて『北の鉄人 新日鐵釜石V7の歩み』展が、物産展『東北6県うまいもの大会』と同時開催で開催されました。展示会場には5日間で571人の方が来場していただき、また26日(土)、27日(日)に開催されたトークショーでは、両日とも50人以上の方にご来場いただきました。

第2回クライストチャーチ&東北復興支援チャリティトークイベント

2013年2月27日

第2回クライストチャーチ&東北復興支援チャリティトークイベント

新旧日本代表のキャプテン、アンドリュー・マコーミックさん、廣瀬俊朗さん、笹田学さんをゲストに迎え、高田馬場ノーサイドクラブさんにて第2回クライストチャーチ&東北支援チャリティトークイベントを開催しました。

日本橋三越本店さんにて『北の鉄人』釜石ラグビーV7展

2013年3月6日

日本橋三越本店さんにて『北の鉄人』釜石ラグビーV7展

日本橋三越本店地階にて行われる、「オンリー・エムアイ チェンジオブエア 東北~創造性×エナジー~特集」にて、釜石SWのスポンサーでもある釜石市の株式会社川喜様が出展され、「釜石ラーメンこんとき」、「ラガー麺」が販売されました。川喜様の販売ブースの隣で「北の鉄人」釜石ラグビーV7展を同時開催。

東日本大震災から2年

2013年3月11日

東日本大震災から2年

愛知県東海市にて「2019RWC釜石誘致 タウンミーティング in 東海」開催

2013年3月17日

愛知県東海市にて「2019RWC釜石誘致 タウンミーティング in 東海」開催

東海市スクラムかまいし復興支援基金事業 ラグビーワールドカップ2019誘致に向けた講演会「2019RWC釜石誘致 タウンミーティングin東海 ~ラグビーワールドカップ2019釜石開催をめざして~」が、愛知県東海市 市民活動センターにて開催され、NPOスクラム釜石から代表の石山次郎と永田洋光が参加いたしました。

オール早慶明三大学ラグビー 東日本大震災復興支援チャリティーマッチ

2013年4月14日

オール早慶明三大学ラグビー 東日本大震災復興支援チャリティーマッチ

オール早慶明三大学ラグビー 東日本大震災復興支援チャリティーマッチが秩父宮ラグビー場で行われ、試合終了後にスタンドでおこなわれたトークショーに、スクラム釜石キャプテン松尾雄治と代表の石山次郎が参加させていただきました。

国立八大学ラグビー部OB大会

2013年5月18日

国立八大学ラグビー部OB大会

東京海洋大学越中島キャンパスにて行われた、国立八大学ラグビー部OB大会にスクラム釜石も参加させていただきました。 試合会場と懇親会にてスクラム釜石てぬぐい、大漁旗手ぬぐいなどのグッズ販売、釜石SWサポーター手続き受付のほか、8月に開催予定の「第2回ともだちカップ」の活動資金に充てるための募金活動をさせていただきました。

釜石ナイト特別版「日本代表ウェールズ必勝祈念特別企画 プレイバック1983!」

2013年5月29日

釜石ナイト特別版「日本代表ウェールズ必勝祈念特別企画 プレイバック1983!」

ウェールズ代表来日に合わせ30年前の1983年10月22日にカーディフ・アームズパークでウェールズと対戦した元日本代表チームの方々をゲスト(*)に招いて、釜石ナイト特別版「日本代表ウェールズ必勝祈念特別企画 プレイバック1983!」を開催。 (*)石山次郎、藤田剛、林敏之、千田美智仁、松尾雄治、金谷福身(敬称略)

「第15回菅平高原不惑クラブラグビーフットボール交流試合」にスクラム釜石バーバリアンズ参加

2013年7月6日

「第15回菅平高原不惑クラブラグビーフットボール交流試合」にスクラム釜石バーバリアンズ参加

20を越えるチーム、数百人の方々がラグビーを楽しみ、仲間と交流する不惑ラガーマンの祭典「菅平高原不惑クラブラグビーフットボール交流試合」に「スクラム釜石バーバリアンズ」参加。 交歓会ではスクラム釜石のブースを設置させていただき、記念Tシャツの販売、募金を実施。

東北小学生ラグビー交流試合「第2回 ともだちカップ」を開催

2013年8月24日

東北小学生ラグビー交流試合「第2回 ともだちカップ」を開催

陸上自衛隊船岡駐屯地様にて、東北小学生ラグビー交流試合第2回「ともだちカップ」を開催。 八戸RS、高清水ラグビースポーツ少年団、盛岡RS、宮古RS、釜石シーウェイブスジュニア、仙台RS、柴田町RS、山形RS、勿来少年RS、いわき少年RSの各チームが参加。 女子選手数名を含む、総勢約100人の少年ラガーマン、ラガールに参加いただきました。

釜石・鵜住居にラグビーカフェが開設される

2013年10月1日

釜石・鵜住居にラグビーカフェが開設される

釜石市鵜住居に地元の方々によるラグビーカフェが開設される。 スクラム釜石から、2012年6月にフレンチバーバリアンズ団長として来日したジャン・ピエール・リーヴ氏のサインいりジャージを寄贈。

釜石市球技場(旧松倉グランド)リニューアルオープン

2013年10月5日

釜石市球技場(旧松倉グランド)リニューアルオープン

釜石市球技場(旧松倉グランド)がリニューアルオープン。トップイーストDiv.1 釜石シーウェイブス対日野自動車レッドドルフィンズが行われる。 森喜朗元首相も釜石訪問。

第1回ノーサイドクラブ釜石ツアー

2013年10月5日

第1回ノーサイドクラブ釜石ツアー

釜石市球技場(旧松倉グランド)のリニューアルイベントを兼ねて開催された、釜石シーウェイブス対日野自動車レッドドルフィンズにあわせ、第1回となる高田馬場ノーサイドクラブさんとの釜石ツアーを実施。これ以降、高田馬場ノーサイドクラブのみなさんとは2019年まで継続して釜石ツアーを実施している。

「第2回ツール・ド・三陸 サイクリングチャレンジ2013 inりくぜんたかた・おおふなと」に参加

2013年10月6日

「第2回ツール・ド・三陸 サイクリングチャレンジ2013 inりくぜんたかた・おおふなと」に参加

高橋博行事務局長、泉秀仁、佐々木和寿をはじめ、ゲストメンバーも含めた9人が、陸前高田市で開催された自転車イベント「第2回ツール・ド・三陸 サイクリングチャレンジ2013 inりくぜんたかた・おおふなと」に参加。

「2019年世界最高のラグビーを釜石で!&釜石・大槌特産品の販売会」を開催

2013年11月16日

「2019年世界最高のラグビーを釜石で!&釜石・大槌特産品の販売会」を開催

JR東京駅日本橋口の「丸の内トラストタワーN館イベントスペース」にて、「2019年世界最高のラグビーを釜石で! & 釜石・大槌特産品の販売会」を、岩手三陸復興の狼煙作戦さん、NPOかまいしリンクさん、NPOスクラム釜石の3団体で開催いたしました。

ラグビーワールドカップ2019釜石誘致応援タウンミーティング

2014年3月1日

ラグビーワールドカップ2019釜石誘致応援タウンミーティング

釜石市鵜住居「絆ハウス」(ラグビーカフェクレストの2F)にて「ラグビーワールドカップ2019釜石誘致タウンミーティング」開催。ゲストは松瀬学さん。

東日本大震災から3年

2014年3月11日

東日本大震災から3年。

クライストチャーチ&東北復興支援チャリティイベント2014

2014年3月14日

クライストチャーチ&東北復興支援チャリティイベント2014

東京・丸ビルホール&コンファレンススクエアにてクライストチャーチ&東北支援チャリティーイベント2014を開催。 ゲストは平尾誠二さん、アンドリュー・マコーミックさん。

釜石で三洋OB対釜石OBの親善試合

2014年5月24日

釜石で三洋OB対釜石OBの親善試合

釜石市球技場(松倉グランド)に三洋電機ラグビー部(現パナソニックワイルドナイツ)と新日鐵釜石ラグビー部(現釜石シーウェイブス)のOBが集合! 親善試合が行われました。またこの試合にあわせ、賛助会員さんの釜石ツアーを実施しました。

釜石市鵜住居にて、まち映画『グラス☆ホッパー』の野外上映会

2014年5月24日

釜石市鵜住居にて、まち映画『グラス☆ホッパー』の野外上映会

三洋電機ラグビー部(現・パナソニックワイルドナイツ)の地元である群馬県太田市/大泉町を舞台にした映画『グラス☆ホッパー』を上映。映画に出演した群馬のこどもたちにも参加いただきました。

釜石・鵜住居のラグビーカフェにイボンヌ・チャカチャカさん訪問

2014年6月11日

釜石・鵜住居のラグビーカフェにイボンヌ・チャカチャカさん訪問

「アフリカの歌姫」と呼ばれる南アフリカ出身の歌手、イボンヌ・チャカチャカさんがラグビーカフェを訪問。スタジアム建設候補地にも足を運んだ。

国立競技場の椅子撤去作業にスクラム釜石メンバーが参加

2014年6月29日

国立競技場の椅子撤去作業にスクラム釜石メンバーが参加

国立競技場(東京都)のスタンド座席の取り外し作業のボランティアに、スクラム釜石から高橋博行と松坂好人が参加。釜石V7の熱狂を支えた椅子は2016希望郷いわて国体・希望郷いわて大会のメイン会場となる北上陸上競技場で使用され、その後、釜石鵜住居復興スタジアムでも使用されることとなります。

釜石市がRWC2019開催都市への立候補を正式に表明

2014年7月4日

釜石市の野田市長が記者会見にてラグビーワールドカップ2019開催都市立候補について発表。 「ラグビーワールドカップ開催を契機として、スポーツ施設が整備されることは、三陸地域全体の振興隣、被災地の住民がスポーツを通して幸福で豊かな生活を営むことにつながると考えています」とコメント。

「第16回 菅平高原不惑クラブ ラグビーフットボール交流試合」に参加

2014年7月5日

「第16回 菅平高原不惑クラブ ラグビーフットボール交流試合」に参加

昨年に引き続き「スクラム釜石バーバリアンズ」を結成し、「菅平高原不惑クラブラグビーフットボール交流試合」に参加させていただきました。

チェスター・ウィリアムズさんが釜石訪問

2014年7月7日

チェスター・ウィリアムズさんが釜石訪問

RWC1995南アフリカ大会で活躍した元南アフリカ代表のチェスター・ウィリアムズさんが釜石を訪問され、RWC2019釜石開催へのエールを送ってくださいました。