スクラム釜石オフィシャルサイト SCRUM KAMAISHI Official Site

活動報告

2013.02.07

今年もやります!スクラム釜石のクライストチャーチ&東北支援イベント

昨年2月22日にも実施した「クライストチャーチ&東北復興支援チャリティトークイベント」を今年も行います!

※昨年の活動報告はこちら(http://scrumkamaishi.jp/report/sw-supporter/259)

 

ラグビーを通じて東日本大震災からの復興を目指すNPO法人「スクラム釜石」が毎月最終水曜日に東京・高田馬場の「NO SIDE CLUB」で開催している恒例「釜石ナイト」。2月はスペシャル版です。

2011年2月22日に大地震に襲われたNZのクライストチャーチと、その約2週間後の3月11日に震災に見舞われた東北、2つの被災地をラグビーで結び、ともに復興を目指す「REVIVE TOGETHER」を合言葉に、クライストチャーチ出身で、釜石シーウェイブスでもプレーした元日本代表主将のアンガスことアンドリュー・マコーミックさん(関西学院大学ヘッドコーチ)と、特別ゲストに、東芝ブレイブルーパスの廣瀬俊朗選手を招いてチャリティトークイベントを開催します。

廣瀬選手<廣瀬俊朗選手>

NHKの取材を受けるアンガス<アンドリュー・マコーミック氏>


廣瀬選手は、ごぞんじ、エディ・ジョーンズヘッドコーチのもと、新生日本代表の発進でキャプテンを務めました。東芝のキャプテンとしても2度のトップリーグ優勝に導いています。

昨季まではトップリーグ・キャプテン会議の代表を務め、震災直後には「被災地に防寒着を贈ろう」運動をトップリーグ各チームへ呼びかけ、トップリーグオールスターの被災地・仙台での開催を推進。さらに、個人としても2011年夏にボランティアとして釜石など岩手沿岸部を訪れ作業に従事するなど、被災地の復興支援に力を尽くしてこられました。

今回のトークイベントは、元日本代表HOで岩手県出身の笹田学さんが中心となり、巨大津波から素早く避難して助かった釜石市の子どもたちを、同じ震災被害にあったNZへ派遣する「ミラクル釜石子供親善大使」(3月中旬~下旬、NZのクライストチャーチとオークランドを訪問予定)への支援が目的です。

シーズンを振り返り、ジャパンのシーズンを前に、楽しいトークをお楽しみ下さい!

【日時】 2月27日(水)18時30分開場、19時開演。21時終了予定。

【場所】高田馬場 Rugby Diner No Side Club(〒171-0033東京都豊島区高田3-10-22キャッスル安斎ビル2F 電話03-3209-0723)

【 ゲスト】アンドリュー・マコーミックさん(関西学院大ヘッドコーチ)、廣瀬俊朗さん(東芝ブレイブルーパス)

【進行】大友信彦(スポーツライター)

【 会費】3500円(ワンドリンク、軽食つき)

【 定員】50名

【参加申し込み方法】

下記の①または②にてお申し込みください。

①スクラム釜石webサイトのお問い合わせフォーム(http://scrumkamaishi.jp/inquiry) にて、「お問い合わせの内容」は「その他」を選択→「お問い合わせの詳細」に「東北&クライストチャーチイベント出席希望」、お名前、メールアドレス、電話番号、年齢を明記してお申し込みください。

②ノーサイドクラブさんのwebサイト(http://www.nosideclub.jp/blog/2013/02/227presents.html)からのお申し込み。

※定員(50名)になり次第締め切らせていただきます。

※お問い合わせは上記「スクラム釜石webサイトのお問い合わせフォームまでお願いいたします。

※主催:NPO法人スクラム釜石/ラグビー専門WEBマガジン RUGBY JAPAN 365