スクラム釜石オフィシャルサイト SCRUM KAMAISHI Official Site

活動報告

2011.12.02

スポーツニッポンフォーラム制定「FOR ALL 2011」から「ハートフル賞」受賞

スポーツを通じて社会貢献や地域振興に寄与するなどした個人・団体に贈られるスポーツニッポンフォーラム制定「FOR ALL 2011」 ハートフル賞をスクラム釜石が受賞しました。ありがとうございました。 スポーツニッポン新聞社からいただいた盾に記載されていた表彰文をご紹介させていただきます。 今後もスクラム釜石は東北、釜石の復興の一助となるべく、完全復興したと言えるその日まで活動を続けてまいります。 ————————————————————————————————————————————————————————- スポーツニッポンフォーラム「FOR ALL 2011」ハートフル賞 スクラム釜石 殿 恐怖、茫然、絶望。日本中、いや世界中を悲しみに包んだ東日本大震災からまもなく9ヶ月の時がたとうとしています。今度は肌を刺す寒さが鉄の街・釜石を襲います。でもこの街にはどこよりも熱い血が流れています。「スクラム釜石」。鉄の男たちが、郷土の復興に、おらがチーム・釜石シーウェイブスの再建に、いち早く立ち上がりました。 今や伝説と化した王者・新日鉄釜石のDNAを引き継ぐラガーメン。当時の強さはなくても、みちのくの街にはかけがえのないシンボルです。大漁旗が勇気と勝利を後押しします。OB達だって黙っているわけにはいきません。松尾、森、石山。かつて王者に君臨した戦士が募金活動からチャリティーマッチやラグビー教室、さらにはサポーター拡大の呼び掛けまで活動の輪を広げます。「ONE FOR ALL、ALL FOR ONE」(1人はみんなのために、みんなは1人のために)ラグビー界に受け継がれる金言は、私どもフォーラムの精神でもあります。被災地を勇気づけるのに必要なのがスクラムです。 寡黙でも粘り強いのが東北人の気質。完全復興への道のりは遠くても「スクラム釜石」の情熱が未来の扉を必ずやこじ開けることでしょう。 頑張れ東北!頑張れ釜石! 平成23年12月2日 スポーツニッポン新聞社 代表取締役社長 森戸 幸生 ————————————————————————————————————————————————————————-